福岡市早良区の医業・介護福祉特化の税理士「のびしろ会計事務所」。「限りある収入から最大限にお金を残すこと」を重視し、クラウド会計対応、導入の最大のメリットは作業効率による時間を生み出し費用削減へ

料金

料金の目安

必要な税理士業務が全て入って、月額顧問料のみ。決算料はありません。

※2千万円、4千万円はエコノミープラン、1億円はスタンダードプランを前提とした料金です。

各料金体系の説明

売上高やご要望に応じて、3プランを用意しております。

※別途、会計システム利用料(個人:月額1,300円、法人:月額2,480円)、年末調整料(年間基本料5,000円、お一人様当たり年間1,500円)が必要に応じてかかります。

※金額は全て、税別となっております。

お気軽に、お見積もり、お問い合わせ下さい。ご相談は無料です。

 

プランの詳細

成長期を応援するエコノミープラン

 

私見ですが、事業が立ちあがり、売上高が4千万円に到達するまでは、節税や実績管理はあまり考えなくてもよいのではないか、と思います。

 

この段階で行うことは決まっています。

出来るだけコストは抑えて、

広告宣伝や教育訓練など、事業の成長性に寄与する資源に集中して投資し、

売上を伸ばしていくことが最優先事項です。

 

エコノミープランは、そのような成長期の方々を対象に、最低限必要な記帳と申告をキチンと行うプランです。

クラウド会計を活用することで、リーズナブルな料金設定を実現しました。

 

 

成長期から成熟期を支援するスタンダードプラン

 

一方、売上高4千万円を超えた辺りから、ある程度事業も軌道に乗り、安定して利益がうまれてきます。

また、成長曲線も若干の落ち着きが見え、だんだんと将来の姿も見えるようになってきます。

 

以前のように、売上拡大だけを考えて資源を投下していた時期は終わり、

獲得した利益をどのように投下し、また、どのように残していくか、しっかりと考える時期に入ったと言えるでしょう。

またこの時期から、利益を確実に残していく手段としての節税や予算管理にも本格的に取り組んでいくことになります。

 

戦略的に利益を計画する場合、自身にとってのゴールが何なのかをしっかりと見定めることが最も大事です。

いつまでに、どういった事業を実現したいのか。また、何歳で退職し、事業をどう承継し、どの程度の資産を築きたいのか。

ゴールが定まれば、そのために20年後、10年後、5年後、来年と遡って、今行うべきことはおのずと定まってまいります。

言い換えれば、利益戦略を計画することは、人生の青写真を描くことです。

ライフプランや事業計画によって利益戦略を立て、そして予算と実績の管理によってゴールへと近づけるよう、事業をコントロールします。

そして利益戦略を実現するための戦術、すなわちテクニックとして、法人化や役員報酬設定、退職金、保険加入、投資などを検討します。

 

売上は事業の中核分野であり、ご自身の専門分野でもあります。

一方、利益戦略の計画や戦術の実践は、どちらかといえば専門外の分野であり、独力では判断に迷われることもあるでしょう。

専門家を上手に使うことで、より効果的に利益を守ることが、結果としてプラスになると考えます。

 

スタンダードプランは、成長期から成熟期へ向かう方々を対象に、

毎月のコミュニケーションを通じて、事業計画や予算実績管理として「未来会計」、戦術としての各種「節税対策」のご提案など、

トータルでのサポートを提供するプランです。

当事務所ミッション「お金がうまれる会計」に従い、お客様の資金最大化を目標に、全力で支援いたします。

 

一般的には、上記の内容を全て含めますと、決算料も合わせて月額7~10万円程度かかるところが多いのではないでしょうか。

当事務所ではクラウド会計による効率的な記帳システムに加え、TV会議でのコミュニケーションを採用することで、訪問のための交通費や移動時間コストを削減し、

品質は維持したまま、低価格での提供を実現しております。

 

 

 

 

また、クラウド会計システムみたいな新しいものはちょっと…、という方や、やっぱり直接面と向かって相談したい、という方のために、

マスタープランも用意しております。

 

「時間がうまれる会計」をモットーに、日記帳も工夫しております。

日記帳はお客様毎に、全てオーダーメイドで作成しております。

例えば、下記は現金出納帳のページの一部です。

「書く」という作業が極力無くなるように、過去の現金取引分析から、主な相手先や取引内容を把握し、予め印字しております。

ほとんどの取引は、金額を記入すれば、後は○をつけて終わりです。

また、例えば車両関係費ですが、1日に複数の領収書が出ることがある科目には、行数を追加しております。

このようにすることで、領収書そのままの金額を記入できるようになり、電卓でいちいち集計することはありません。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!まずはお気軽にご相談ください。ご相談無料です!

 

 

PAGETOP
Copyright © のびしろ会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.