今日は、平成28年税制改正で導入されたスイッチOTC薬控除のお話しをします。

 

スイッチOTC薬控除

従来の医療費控除制度の特例として、2017年1月から新たに〔セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)〕が施行されます。 特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が「合計1万2,000円」を超えた場合に適用される制度です。

 

スイッチOTC控除

スイッチOTC薬品の領収書は、場合によって医療費控除にも使えます。

左図のように、どちらか有利な方を使うことになります。

 

クリニックなどの医療費領収書だけで、両ルールの限度額の差額8.8万円を超えるようでしたら、従来の医療費控除が得です。

 

病院にあまり行ってなくても、ドラッグストアのレシートだけで税金が安くなるかもしれません。

2017年は、ドラッグストアのレシートをキチンと取っておきましょう!